似ている植物と、違い

エッセンシャルオイルの原料となる植物には似ているものも多く存在します。

例えばティートリーとユーカリですが、どちらもフトモモ科の樹木であり、見た目も素人では判断がつ

かないほどで、鼻につんとくるようなその香りも似通っています。

作用は穏やかな心を安定させてくれるという部分で同じであり、違いがないのであれば別々に生成しな

くてもよいのではないかと思われがちです。

しかし、その使い方が多少異なります。

ティートリーは高い抗菌作用を持っていますから、キャリアオイルに数滴加えてマッサージオイルとし

て使えば肌をきれいに保つ事が出来ますし、お風呂に入れて入浴するのもよいでしょう。

対してユーカリは、皮膚に対しての刺激が強いため、直接肌に塗布するものとしては不向きと言えます。

あまり刺激の強いものを皮膚に塗布すると、かぶれや場合によってはやけどをする危険性もあるので注

意が必要です。

ユーカリは風邪をひいたときや、花粉症によって起こる鼻づまりなどの強い効果を発揮しますから、あ

ぶり出して気化させ、それを鼻から吸い込むという方法が最適と言えます。

使い方はそれぞれに注意が必要ですが、いずれも良い香りで気分をすっきりさせてくれますから、生活

を豊かにしてくれる事は間違いないでしょう。

コメントは受け付けていません。