カユプテの主な芳香成分

アロマ精油のカユプテの主な芳香成分は、モノテルペン炭化水素類のリモネン・モノテルペンアルコー

ル類のα-テルピネオール・オキサイド類の1,8-シネオールになります。カユプテは、フトモモ科の植物

になり、ティトゥリーに良く似た植物になりますが、ティトゥリーよりも作用が穏やかなエッセンシャ

ビューティー22ルオイルになります。香りはハーブ調の甘く刺激が少ない香りがします。カユプテの作用は心理面は、

心がすっきりとしてリフレッシュ効果・気分転換などの作用があります。健康効果は、抗菌作用・抗ウ

イルス作用があるので呼吸器系の感染症の予防効果があるといわれています。発汗作用や冷却作用があ

り、お風呂に入れると汗とともに毒素を排出させる効果があるといわれています。消化器系にも作用し

て、神経性のおう吐や下痢などの緩和作用にも効果を発揮します。免疫調整作用があるので、花粉症や

鼻炎の症状緩和にも有効になります。美容の面では、殺菌作用があるのでニキビなどの皮膚疾患に有効

といわれています。カユプテと相性が良いエッセンシャルオイルは、アンジェリカ・イモーテル・グロ

ーブ・ゼラニウム・タイム・ローズなどになります。柑橘系・スパイシー系・ハーブ系と相性が良いで

す。

コメントは受け付けていません。