カユプテの注意事項

カユプテは香りに甘酸っぱさを含んでいる精油です。

原産国の東南アジアやインドでは、民間療法として古くから使われており、風邪や感染症などの呼吸器

系の予防に効果を発揮します。

カユプテの精油をお風呂に入れる事と、発汗を促し、汗とともに流感の毒素が排出され回復も早まると

されてます。

また、胃けいれんや神経性の嘔吐、下痢など胃腸障害を改善させ、節々の痛み、歯痛などの痛みを和ら

げる鎮痛作用もあります。

さらに消毒、殺菌作用によって、ニキビや水虫、皮膚疾患などの症状も緩和させます。

清潔感のあるスッキリとした香りなので、リフレッシュ効果もあり、脳を働かせたい時に有効です。

また、緩やかな作用が特徴で、アロマ独特の強い香りが苦手な人や子供でも使いやすい精油です。

様々な効果のあるカユプテですが、妊娠中や授乳中の方は避けなければいけません。これは、この香り

が胎児に何らかの影響を及ぼす可能性があるためです。

特にアロマバスとして用いる場合は、皮膚に付着する事となるので避けなればいけません。

赤ちゃんがお腹にいる頃から控えるべき精油ですから、同様に授乳中も控えるようにします。新生児に

とっては刺激が強く、赤ちゃんがその香りを嫌がる事もあります。

コメントは受け付けていません。